英会話のメリット・デメリットを現役英会話講師が徹底解説!

  • 2020年4月11日
  • 2020年4月14日
  • 英語
  • 485view

「英語を勉強しよう!」と志した時にまず真っ先に思い浮かぶのが英会話。

英会話をするにしても勿論オンライン英会話か、英会話教室か、という選択はあります。

ですが、まずは今回の記事では「そもそも英会話をするメリット・デメリットとは」という点について、

現役英会話講師であるバイリンガルの私が徹底的に解説していきます。

というのも、人によっては英会話はまだ必要ないかもしれないから。

そういう人を減らしたい・英会話をするか迷っている人の後押しをしたい。

その思いから今回の記事を書いています。では、早速見ていきましょうか。

 

 

 メリット

 1. 学んだ英語を実践的な場でアウトプットできる

正直な話、これが唯一かつ最大のメリットです。まあ、予測できますよね笑

いくらインプットをして英語を学んだところで、アウトプットをしなくては意味がありません。

第一、英語のインプット自体、英語ができるようになるために行うものですよね。そのアウトプットの場所が日本の教育において大きく欠如しています。

だから、世界の他の国々と比べて一般的に「日本人は英語が話せない」と言われるんです。

ですが、英会話はそのアウトプットの場所を自ら作り出せる場なので、ここは非常に大きなメリットです。

実際、効果的に英会話を続けていけば、英語がみるみる話せるようになります

なので、「実際に英語を話せるようになりたい!」と考える全ての方に英会話はオススメです。

 2.  留学に比べると非常にコスパが良い

英会話は国内留学のようなものです。完全に全てが英語の環境に自らを置くわけですから。

例を挙げると、オンライン英会話の場合だと月に7000円払えば毎日受講できるんですよ。

毎日ですよ?たとえ30分でも、毎日英語をアウトプットできる環境を7000円から作り出せるってメリットすぎませんか?

一ヶ月の短期留学にいくらかかるか分かりますか?確実に数十万円かかりますよね。

それと比べると、オンライン英会話にしろ英会話教室にしろ、圧倒的なコスパの良さがメリットとして挙げられます。

つまり、ハードルが低く、ローリスクで誰でも気軽に挑戦できる+ハイリターンを得られるのが、英会話なんです。

 3. コミュニケーション能力の飛躍的な向上

これは実際に僕が英会話を受講していた時に感じたメリットです。え、コミュニケーション能力?と思われる方も多いと思います。

詳しく説明していくと、英会話というのは、全くもって新しい人と会話をすることですよね。

それによってその人の考え方・新たな文化を学べたり、普段ならば話さないようのことを話すようになります。

それによって話の引き出しが広がり、多様性に触れることで国際感覚が身についたりしてコミュニケーション能力が高まる。というわけです。

このメリットは英会話を続けていくとジワジワ感じてくるポイントとなります。感覚でいうと数ヶ月。

英会話は人間力の面での成長も感じられて、非常に楽しいものなんです。

 デメリット

 1. ある程度の基礎がない人が英会話を始めても意味がない

デメリットはこれだけ。もうほんとにこれに尽きます。色々な方のブログを見ていて思うこと、、

それはとにかく収益を上げたいがために英会話を全ての層の人間にオススメしていることです。あんまふざけんな、と私はいつも思うわけです。

というのも、高校で学ぶ基礎レベル(英検でいうと準2級レベル)が備わっていない人が英会話を始めてもほとんど意味がないんです。

なぜなら、インプット無くしてアウトプットは不可能だから

最近Youtubeなどで「英語が全くできない人が英会話を始めてみた」というのが散見されますが、確実にある程度のインプットを終えた状態で英会話を始めた方が効果的です。

全然英語がわからない状態で英語を話せ、と言われても何も話せず、変な感じで終わってしまいます。

なので、英検準2級レベルの英語力は自分にはない!という方は先ずはインプットを始めましょう

塾に行く、でも良いですし、教材・スタディーサプリを通して学ぶ、でも良いです。

とにかく、そういう人たちは英会話を始める前にまずはワンクッション置きましょう!!

 

さて、今回は英会話のメリットとデメリットについて説明させて頂きました。

当ブログが、あなたの英会話に関する選択を後押しできていれば嬉しい限りです。

今後も有益な記事を更新していきますのでよろしくお願いします!

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>